治療案内

一般歯科

一般的なむし歯や歯周病、入れ歯など、総合的に診断・処置を行います。

なるべく痛くないように、なるべく削らないように、必要最小限の治療を心がけています。


<むし歯の治療>

歯は削ると元には戻りません。神経をとると歯はもろくなります。だからできるだけ削ったり神経をとることは最小限にとどめ、手入れのお手伝いをし、いつまでも自分の歯で生活できることを目標にしています。
むし歯は小さいうちに治療すれば、痛みもかなり軽減され時間や回数のかかる処置も回避することができます。
そのため、小さい虫歯を見つけるのに、お口の定期検診は大変重要になります。


<むし歯の治療 症例1>

むし歯が沢山あるからと諦めていませんか?


治療前

治療後

前歯のむし歯を気にして来院された患者様です。前歯は保険の範囲内で治療を行いました。口元を気にしなくて済むようになり笑顔が増えたそうです。


<むし歯の治療 症例2>

見た目が悪いと気にしていませんか?


治療前

治療後

前歯の隙間を気にされていた患者様です。健康な歯は削ることなく、隙間をレジンというプラスチックで埋めて隙間を無くしました。保険の範囲内の治療です。


<歯周病>

みなさんは次のようなお口の中の症状がありませんか?

  • 歯ぐきが腫れている
  • 歯ぐきから出血する
  • 口臭が気になる
  • 歯がグラグラして噛みにくい

これらの症状がありましたら歯周病にかかっている可能性があります。

40歳以上の約8割がかかっているとされる歯周病は、歯の周りについた歯垢(プラーク)が歯と歯ぐきとの境目の歯周ポケットと呼ばれる溝に入り込み、歯を支える歯周組織(歯ぐきや歯を支えている骨など)が炎症を起こし、進行すると骨まで破壊してしまう恐ろしい病気です。
歯周病のサインは歯ぐきが腫れる、出血する、口臭が気になる、歯がグラグラして痛い、噛みにくい等です。しかも歯周病の初期の頃は症状がなく、気がつかないうちに進行し自覚症状が出た時には手遅れという事も多いのが現状です。

みなさんは少なくとも1日に一回は歯を磨いていると思います。しかし「磨いている」のと「磨けている」のは違いますね。歯医者に来られる患者様から、よく「歯は磨いているんだけどなんでむし歯や歯周病になるのですか?」と聞かれますが結論から言うと磨いているけど磨けていないということだと思います。木暮歯科医院では患者様ご自身にあった正しい歯磨きの仕方をご説明しております。

また歯周病は歯を失うだけの病気ではありません。
歯周病の細菌が歯周ポケットから体内に慢性的、持続的に侵入し、血管を通して全身に行き渡り、糖尿病や心臓血管疾患、低体重児出産、早産などの全身疾患の原因様々な影響を与えると言われています。

一生ご自身の歯で噛めるよう、歯の定期検診を受け、早期発見し、確実に治療し、予防処置を受けていただく事をお勧めします。


<歯周病の治療 症例>


治療前

治療後

歯がグラグラする、見た目が気になると来院された患者様です。患者様ご自身の徹底した歯ブラシと歯科医院での歯周病治療を行い、ここまで回復しました。治療は全て保険の範囲内です。現在はこの状態を長く続けるために定期検診を行っています。


<位相差顕微鏡による検査>

当院では歯周病治療に位相差顕微鏡という装置を使ってお口の中にいるばい菌を確認した上で治療を行っております。

患者様のお口の中からほんの少しだけ歯垢(プラーク)を採取して、それを位相差顕微鏡で観察します。ほとんどの患者様の口の中に歯周病菌やカビ菌が見られます。実際にお口の中の様子を見ていただくと歯周病への認識が変わることと思います。

位相差顕微鏡についてはこちら

小児歯科

小さな子供さんに対応して、むし歯の予防や乳歯の治療、小児矯正などを行います。

子供の頃のイメージは一生つきまといます。木暮歯科医院では無理矢理押さえつけての治療は致しません。まずは練習から始めて徐々に慣れてきたら治療を行いましょう。


<笑気吸入鎮静法>

当院ではお子様にきちんとした治療を施すために笑気吸入鎮静法を導入しております。

これにより恐怖心や不安感をやわらげ楽な気持ちで治療を受けることができます。

お子様にも「ちゃんと歯の治療ができた」と大きな達成感が得られ、次第に歯科治療に対して自信を持つようになります。

笑気吸入鎮静法についてはこちら

矯正歯科

歯並びにご不満を持っている方、まずはお気軽にご相談下さい。
初診・相談では、「どこをどう治したいのか?」「どうして矯正歯科治療をしたいのか?」など患者さんのご希望を伺い、お口の中を拝見し、だいたいの症状・費用・期間など、矯正歯科治療の概要をご説明します。

矯正歯科治療に対する疑問や不安を抱えていらっしゃるとしたら、この初診の時に、どんなことでも相談、質問をして下さい。

矯正治療を行って素敵な笑顔を手に入れましょう。


<矯正症例1 10歳11ヶ月 女性>

治療前・・・上下の前歯がデコボコしてるのを気にしてご来院されました。
         上下の顎を広げて歯を並べるスペースを作ります。

早期治療終了時・・・治療開始より9ヶ月後の状態です。前歯のデコボコはなくなりました。
               今後永久歯をより綺麗に並べるためのII期治療に移ります。


<矯正症例2 8歳10ヶ月 女性>

治療前・・・上の前歯の歯並びを気にしてご来院しました。

早期治療終了時・・・前歯が綺麗に並びました


<矯正症例3 17歳10ヶ月>

治療前

治療後・・・19歳11ヶ月


<矯正症例4 15歳10ヶ月>

治療前

治療後・・・17歳2ヶ月

インプラント

入れ歯が合わなくて・・・。食べ物がうまく噛めない。発音や発生がうまくできない。入れ歯を使うと痛みや異物感を感じる。でも健康な歯を削るのは・・・。

こういった「歯」や「入れ歯」でお困りの方にインプラント治療をお勧めします。

歯科領域でのインプラント治療といえば、一般的には人工歯根治療のことを言います。
インプラントを顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を制作して治療する方法です。

歯が抜けた時、代わりに自分の歯に近い人工の歯を“植立”することで、より自然に近い、美しい“自分の歯”を取り戻して、食事もおいしくいただくことができます。少し前まで主流だった「入れ歯」や「ブリッジ」、「差し歯」はどうしても噛む力が劣ってしまいました。

しかし、インプラントは違います。高齢化社会を迎える現代、またより歯の美しさが追求されるいま、まさに主役ともいえる治療法として、多くの患者さんの注目を集めています。


インプラント咬合面 術前

インプラント咬合面 術後

インプラント右 術前

インプラント右 術後

インプラント左 術前

インプラント左 術後

 

審美歯科

<ホワイトニング>

「歯の色が黄色い」、「歯が黄ばんでいる」などの悩みをお持ちの方はいらっしゃいますか?
何らかの原因で黒くなったり、黄ばんでいたり、変色した歯を削ってかぶせることなく歯にお薬を作用させ、歯を白くする治療方法をホワイトニングといいます。歯科治療のなかで比較的歯にやさしい治療方法です。
遺伝的に歯が黄色い場合や、薬によって変色している歯は、場合によってホワイトニングの効果が現れない場合があります。
この治療は健康保険は適用できなく自費治療になりますので、料金および治療期間など詳しくは、当歯科医院にて説明させていただきます。

木暮歯科医院では患者様が自宅で行うホームホワイトニングを行っております。
患者様専用の半透明のマウスピースを制作し、ご自宅でマウスピースの中にジェル状の薬を注入し、就寝時に4週間(最初は上の歯を2週間、その後下の歯に2週間)ほど装着していただいております。


ホワイトニング症例1 術前

ホワイトニング症例1 術後

ホワイトニング症例2 術前

ホワイトニング症例2 術後

<歯の漂白>

神経を失った歯は数年すると茶色く変色することがあります。
その場合、歯の裏側に小さい穴を開け、歯の中に過酸化水素と過ホウ酸ナトリウムという薬を混ぜたものを入れることで(ウォーキング ブリーチ法)歯の内側から歯を白くしていきます。
希望する白さが得られるまで数日おきに薬を交換する必要があります。


漂白症例1 術前
左上の2番目の前歯が茶色く変色しています。

漂白症例1 術後
1ヶ月後の状態です。見違えるほど綺麗になりました。

漂白症例2 術前
左上の前歯が変色しています。

漂白症例2 術後
3週間後の状態です。

<オールセラミック>

金属を一切使わないため金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーの心配もなく、見た目も非常に綺麗に仕上がります。


オールセラミック症例1 術前

オールセラミック症例1 術後

オールセラミック症例2 術前

オールセラミック症例2 術後

 

その他の治療

<マウスガード(マウスピース)について>

ボクシングやK1などの格闘技の選手やラグビーの選手が口の中に入れているのを見ると思います。
マウスガードをスポーツ時に着用することで衝撃を軽減し、歯が折れることや顎の骨折、歯によって口の中が傷つくことを最小限に抑えられます。

またマウスガードを着用することで体のバランスが安定する、筋力、特に瞬発力のアップがみられるという報告もあります。なによりマウスガードをつけているという「安心感」が思い切ったパフォーマンスを引き出すのではないでしょうか?

マウスガードにはスポーツ用品店などで販売されている簡易型のものもありますが、口をあけるとすぐに落ちてしまったり、正しい咬み合わせができず顎関節を痛めたりなど、かえって危険なことがあります。
歯科医院で型をとって精密に作るものが安全です。

マウスガードの着用が義務化されている競技(一例)

義務 一部義務 義務ではないが有効
ボクシング
キックボクシング
アメリカンフットボール
ラグビー
ラクロス
空手
インラインホッケー
サッカー
柔道
スキー
水球

<エステティック デンチャー(マグネット式義歯)>

マグネット式義歯をご存知ですか?

残っている自分の歯の根に磁性金属をうめこみ、入れ歯側に超小型磁石を取り付け、義歯を磁力によってピッタリ吸着させます。金属製の留め具もないので、見た目にもきれいです。

※歯の根の部分が残っていない方は適用できません。
※マグネット式義歯は自費診療となっております。

マグネット式の義歯は見た目がきれい

入れ歯を固定する金属の留め具がないので、見た目に違和感がなく、他人の目線も気になりません。

ピタッとはまり、着脱もカンタン

強力な磁石が引き合って吸着されるので、入れ歯を近づけるだけで所定の位置にピタッとはまります。わずらわしい留め具がなく、はめやすいので、介護が必要な患者さんのケアにも最適です。


<ノンクラスプデンチャー(金属のバネのない入れ歯)>

従来の金属バネを使った部分入れ歯(保険入れ歯)は、残った自分の歯に金具をかけて固定しますが、この金具がお口を開けた時にどうしても目立ってしまいます。

ノンクラスプデンチャーはナイロン樹脂で作られた、薄く・弾力性に優れた全く新しい入れ歯でお口を開けたとき金具が見えないので審美的です。

ノンクラスプデンチャーは自費診療となっております。


<予防歯科>

予防歯科の目的は大きく分けて2つあります。

  • 歯や歯周病を予防するための定期検診
  • 治療の後に行う再発防止のためのメンテナンス

下のグラフは平成17年のデータですが、日本人の平均残存歯数(残っている歯の数)です。

80歳の時点で平均8本ほどしか残っていません。

しかし海外の国々ではどうでしょう?
次のグラフを見てください。

日本と大分違いますね。原因は何でしょうか?

世界で一番予防が進んでいるスウェーデンでは歯科の定期検診受診率が大人で80%以上あり、子供にいたっては100%近くが定期検診を受けています。他の先進諸国でも70%ほどの受診率が一般的になってきました。先進国ではこのように歯科に対する関心が高いのに対し、日本では驚くことに、10%以下の定期検診受診率です。これでは虫歯や、歯周病が悪化してしまうのも当然といえます

みなさんは今まで歯科医院は、歯が痛くなってから行くものと考えていたかもしれません。
しかし虫歯になってから歯を失ってからでは手遅れです。また歯周病で溶けた顎の骨、むし歯になってしまった歯は元には戻りません。そのため最近では歯が悪くならないように予防していく事が重要になってきました。
治療する前に予防することがこれからの歯科医院のスタンダードとなってきます。